シロノコウイチ(福岡で麻雀教室)

福岡で麻雀教室。初心者の女性も気軽に参加できる安全で安心の麻雀教室です。女性麻雀教室あり。「私は楽しい」から「私たちは楽しい」へ。認知症予防。脳トレ。健康麻雀。電話092-552-2739
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
カウンター
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
三島由紀夫賞ってなんだ

5月23日。三島由紀夫賞の発表があったそうです。あとで知りました。そしてびっくりしました。受賞者、蓮實重彦。80歳だそうです。元東京大学総長です。もともとフランス文学の人らしいのですが、僕が知っている蓮實重彦は映画評論家としての一面です。小津安二郎がなぜ世界的に優れた映画監督であるかをあらためて日本に紹介した人です。
そして、三島由紀夫賞の記者会見はいままで見たことがないほどピリピリとしたものでした。受賞を迷惑だと言い切りました。蓮實重彦を知らない人は相当なインパクトだったと思います。いまの時代、過剰なほど社交的であることが求められてますが、そういったことへのアンチテーゼのようにも思いました。

今日、春日市図書館で蓮實重彦が関わった小津安二郎の生誕100年シンポジウムの記録を借りてきました。僕はテレビ番組を作る仕事はしたものの、映画監督には遠く及ばずなれませんでした。しかし、いまでも小津的であることは常に意識しています。「日常を作る」という言葉にはそういった意味も含めてます。





スポンサーサイト
- | 22:16 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ma-jann.jugem.jp/trackback/1446